ハウステンボス、ゴミ収集システムの実証実験をスタート

今や企業はパソコン、スマートフォン、タブレット、IoTデバイスなど様々なものを活用できるようになりました。それにクラウドサービスやソリューションなども加わり、従来とは全く違うビジネススタイルが確立されつつあるよう。先日よりハウステンボスとEnevo Japanが実証実験を開始したゴミ収集システムもそれらデバイスやサービスを活用しています。ゴミ収集システムとは、Enevoが提供するゴミ収集のロジスティックソリューションの効果をハウステンボスのゴミ箱で確認できるというもの。ゴミ箱に取り付けられた超音波センサーから各ゴミ箱の堆積率データを収集し、「最適な回収スケジュール」と「効率的な収集ルート」をクラウド上で提供…施設管理者はパソコン/スマートフォン/タブレットでゴミ箱のリアルタイムな現状を確認できるという。この他、事前に設定しておいたゴミの堆積量が閾値を超えた場合、清掃員へmailでアラート送信することも可能だという。ゴミ箱でさえこんなハイテクなものに変身できてしまうんですね。この実証実験が成功すれば、様々な場所でこのゴミ収集システムが一般的になるかもしれません。駅とかアミューズメントパークとか公園とか…たまにゴミ箱が溢れていることがありますから。それが無くなるのは嬉しいことですよね。

ハウステンボス、ゴミ収集システムの実証実験をスタート

今や企業はパソコン、スマートフォン、タブレット、IoTデバイスなど様々なものを活用できるようになりました。それにクラウドサービスやソリューションなども加わり、従来とは全く違うビジネススタイルが確立されつつあるよう。先日よりハウステンボスとEnevo Japanが実証実験を開始したゴミ収集システムもそれらデバイスやサービスを活用しています。ゴミ収集システムとは、Enevoが提供するゴミ収集のロジスティックソリューションの効果をハウステンボスのゴミ箱で確認できるというもの。ゴミ箱に取り付けられた超音波センサーから各ゴミ箱の堆積率データを収集し、「最適な回収スケジュール」と「効率的な収集ルート」をクラウド上で提供…施設管理者はパソコン/スマートフォン/タブレットでゴミ箱のリアルタイムな現状を確認できるという。この他、事前に設定しておいたゴミの堆積量が閾値を超えた場合、清掃員へmailでアラート送信することも可能だという。ゴミ箱でさえこんなハイテクなものに変身できてしまうんですね。この実証実験が成功すれば、様々な場所でこのゴミ収集システムが一般的になるかもしれません。駅とかアミューズメントパークとか公園とか…たまにゴミ箱が溢れていることがありますから。それが無くなるのは嬉しいことですよね。

顧客情報や日報の管理・共有をする営業支援ツール

SFAについて調べていたら、SFAとはあるサイトで「ITを利用して顧客情報や日報の管理・共有をする業支援システムのことです」と書かれていました

SFAの機能としては、顧客情報の管理、営業日報の管理、商談履歴の一元化などがありますが、これらの機能を取り入れるメリットとしては、効率の向上化、グループでの作業の促進、営業マン一人一人の営業手腕の向上、などが挙げられていました。

これらのことが本当に実現することで、営業支援ツールとしても信頼され、今後の売り上げの向上も現実的になるんですね~

また、他にもメリットはあるらしいんです。それは、経営者クラスに対して、営業の見える化で無駄が発見しやすくなり早い段階で次の一手を繰り出すことが可能になる。営業活動状況や、案件の途中のプロセス等を管理・把握しやすくなるなど。そして最後に営業マンにとっては日報などの報告が簡単になる、ということが書かれていました。日報ってそんなに時間も手間もかかるものなんですね。。

CRMとは

顧客情報や日報の管理・共有をする営業支援ツール

SFAについて調べていたら、SFAとはあるサイトで「ITを利用して顧客情報や日報の管理・共有をする業支援システムのことです」と書かれていました

SFAの機能としては、顧客情報の管理、営業日報の管理、商談履歴の一元化などがありますが、これらの機能を取り入れるメリットとしては、効率の向上化、グループでの作業の促進、営業マン一人一人の営業手腕の向上、などが挙げられていました。

これらのことが本当に実現することで、営業支援ツールとしても信頼され、今後の売り上げの向上も現実的になるんですね~

また、他にもメリットはあるらしいんです。それは、経営者クラスに対して、営業の見える化で無駄が発見しやすくなり早い段階で次の一手を繰り出すことが可能になる。営業活動状況や、案件の途中のプロセス等を管理・把握しやすくなるなど。そして最後に営業マンにとっては日報などの報告が簡単になる、ということが書かれていました。日報ってそんなに時間も手間もかかるものなんですね。。

CRMとは

パソコン版GoogleTasksよりも使いやすい?スマホアプリ『gTasks – Google』

Gmailの機能の一つ『GoogleTasks』は、タスク管理/ToDoの機能です。仕事で利用しているという方も少なくないのでは?これをスマホ上で利用できるのが『gTasks – Google』というスマホアプリ。特徴は、タスクを階層化して管理できる点ですね。一般的なタスク管理アプリは、シンプルに入力や表示できるものが多いですが、この階層化は一度カテゴリーを作り、その中に関連タスクを並べられるので、忙しい人でも分かりやすく管理できるのです。予定忘れの防止のために位置情報を使ったアラート設定もできますよ。またセキュリティもしっかりしていて、SSL/TLS暗号化通信を用いているので、情報漏洩の心配もありません。こうゆう点は流石Googleだなと思いますね。基本的に無料で利用できますが、タスク登録数の上限があります(2つのリスト、各5タスクまで)。有料登録で制限は解除されますが、パソコンで項目を追加していけば表示されるので、有料にしなくても十分に使えるでしょう。パソコンのGoogleTasksよりも使いやすいと評価も高いので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

パソコン版GoogleTasksよりも使いやすい?スマホアプリ『gTasks – Google』

Gmailの機能の一つ『GoogleTasks』は、タスク管理/ToDoの機能です。仕事で利用しているという方も少なくないのでは?これをスマホ上で利用できるのが『gTasks – Google』というスマホアプリ。特徴は、タスクを階層化して管理できる点ですね。一般的なタスク管理アプリは、シンプルに入力や表示できるものが多いですが、この階層化は一度カテゴリーを作り、その中に関連タスクを並べられるので、忙しい人でも分かりやすく管理できるのです。予定忘れの防止のために位置情報を使ったアラート設定もできますよ。またセキュリティもしっかりしていて、SSL/TLS暗号化通信を用いているので、情報漏洩の心配もありません。こうゆう点は流石Googleだなと思いますね。基本的に無料で利用できますが、タスク登録数の上限があります(2つのリスト、各5タスクまで)。有料登録で制限は解除されますが、パソコンで項目を追加していけば表示されるので、有料にしなくても十分に使えるでしょう。パソコンのGoogleTasksよりも使いやすいと評価も高いので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

富士通のCRMate

富士通が提供しているCRMの名前にツボってしまいました^^CRMate(シーアールメイト)って言うんですって。CRMの最後のMを、Mateの最初と合体させてこのような名前にしたんでしょうね。ちょっとダジャレ的な要素もあるようですが、でも覚えやすくて良いのではとも思いますね~。

このCRMateのポイントは3つ。システムを導入した会社、従業員自身で画面のレイアウトができること。しかも簡単に変更もできるそうです。

いきなりシステムを導入するのではなくて、導入前に体験運用ができること。使い勝手や機能の確認が導入前にできるのは助かりますよね。新しいシステムの導入には費用がかかるものですが、手間のかかり方も知っておくべきですからね。

そしてクラウド型だから特別な準備は必要ありません。自社でシステムを最初から最後まで作り上げる場合には、サーバーやソフトの準備をしなければいけませんが、クラウド型のシステムであるため、入力と管理ができれば運用は可能となります。

KnowledgeSuite

富士通のCRMate

富士通が提供しているCRMの名前にツボってしまいました^^CRMate(シーアールメイト)って言うんですって。CRMの最後のMを、Mateの最初と合体させてこのような名前にしたんでしょうね。ちょっとダジャレ的な要素もあるようですが、でも覚えやすくて良いのではとも思いますね~。

このCRMateのポイントは3つ。システムを導入した会社、従業員自身で画面のレイアウトができること。しかも簡単に変更もできるそうです。

いきなりシステムを導入するのではなくて、導入前に体験運用ができること。使い勝手や機能の確認が導入前にできるのは助かりますよね。新しいシステムの導入には費用がかかるものですが、手間のかかり方も知っておくべきですからね。

そしてクラウド型だから特別な準備は必要ありません。自社でシステムを最初から最後まで作り上げる場合には、サーバーやソフトの準備をしなければいけませんが、クラウド型のシステムであるため、入力と管理ができれば運用は可能となります。

KnowledgeSuite

仕事で役立つ機能が豊富なチャットアプリ『Slack』

会社のメンバー間とどのように連絡を取り合っていますか?社内のコミュニケーションツールといえばまず最初に『Skype』が思い浮かびますが、そのSkypeより優れてる点が多いと噂のチャットツールがあるのをご存知でしょうか。それは『Slack – Team Communication』(開発: Slack Technologies, Inc. )というチャットアプリです。最近導入する企業が増えているそう。急ぎの連絡はメンションをつけることで特定の相手に通知を飛ばせたり…大事な仕事を忘れないようにチャット上でリマインダーをセットしたり…複数のチャットを立ち上げて、チーム別に連絡ができたり…過去のコメントを遡って検索できたり…外部サービスとの連携も便利だし、仕事で役立つ機能が豊富に備わっているのです。パソコン版と遜色なく使えるアプリなので、スマートフォンなどを使って、いつでもどこでもメンバー間の生産性を高めることができるそう。今イチオシのサービスです。

仕事で役立つ機能が豊富なチャットアプリ『Slack』

会社のメンバー間とどのように連絡を取り合っていますか?社内のコミュニケーションツールといえばまず最初に『Skype』が思い浮かびますが、そのSkypeより優れてる点が多いと噂のチャットツールがあるのをご存知でしょうか。それは『Slack – Team Communication』(開発: Slack Technologies, Inc. )というチャットアプリです。最近導入する企業が増えているそう。急ぎの連絡はメンションをつけることで特定の相手に通知を飛ばせたり…大事な仕事を忘れないようにチャット上でリマインダーをセットしたり…複数のチャットを立ち上げて、チーム別に連絡ができたり…過去のコメントを遡って検索できたり…外部サービスとの連携も便利だし、仕事で役立つ機能が豊富に備わっているのです。パソコン版と遜色なく使えるアプリなので、スマートフォンなどを使って、いつでもどこでもメンバー間の生産性を高めることができるそう。今イチオシのサービスです。